会員用ページ・「俳句の島」

今後の予定

2020年10月17日(土)第140回熱刀句乱舞句会
(テーマ「詰る」)
2020年10月20日(火)なんば句会投句〆切
2020年11月21日(土)第141回熱句乱舞句会

会員へのお知らせ

■「会員自選作品」にご協力頂き、ありがとうございました。「蛮の活動」の「会員自選作品集」からご覧ください。
■「新年俳句大会」「納涼俳句大会」の応募句のうち第3位までの句を「活動記録」の中に記載させて頂きました。(「蛮」誌への掲載がまだされていない直近の大会は除きます。)
※ホームページへの掲載内容に不都合がある場合や間違いがある場合は、佐藤久宛ご連絡ください。
■(俳句の島)第1回「青葉風俳句大会」に多くのご投句を頂き、ありがとうございました。(応募総数144句)
大会の結果は下記欄に記載の通りです。おめでとうございます。
※大会結果の詳細に関しては、下欄のリンクから「俳句の島」ホームページにてご覧ください。

「俳句の島」について

蛮会員の長濱藤樹さんが「コンシェルジェ」を務める「俳句の島」では、NET句会を中心に多くの俳句活動(島)が運営されています。
蛮の新入会員向けのNET指導句会「春風の島」も、この中で活動をしています。初心の方や蛮の句会に参加困難な遠方の方でも、鹿又主宰の選評・添削指導を受けることができます。(参加は任意。参加費は年会費に含みます)

また、令和2年から鹿又英一主宰を選考委員長として「青葉風俳句大会」が開催の運びとなりました。会員各位には多くのご投句をありがとうございました。
来年2月には「木の芽風俳句大会」(冬季・春季句)を開催する予定です。会員以外の方も広く参加される俳句大会として育てて行きたいと考えていますので、会員各位には今後ともご協力をお願い致します。
※第1回「青葉風俳句大会」の結果は下記の通りです。大会の詳細(入賞句の選評・佳作等)や「俳句の島」に関しては、下記のリンクから「俳句の島」ホームページをご覧ください。

「青葉風俳句大会」(夏季・秋季)

 第1回「青葉風俳句大会」(令和2年8月)

【鹿又英一  特選】 起重機の動く青空若燕 (岡崎久代)

【池田恵美子特選】 逞しき車夫の太もも蟬時雨(内藤雅都代)

【佐藤 久  特選】 夕暮や細くなりたる蟻の道 (大沼遊山)

【秀逸】 ゆっくりとめくる新聞今朝の秋 (東 國人)

【秀逸】 皺の手の土の匂ひや豊の秋 (北浦美菜)

「木の芽風俳句大会」(冬季・春季)

第1回「木の芽風俳句大会」
令和3年2月に開催を予定しています。
詳しくは後日ご案内します。